since 2006 ~ 2013
自作電子楽器ノブログ
ブログ更新は以下に移行中です。
->Analogfeeder.com
カテゴリ:sketchup (eagleup)( 8 )
3D電源ユニット4
f0097833_16505115.jpg
f0097833_16505225.jpg
f0097833_16505292.jpg
f0097833_17552478.jpg


電源ユニットの再アップ。。
何回やり直しているのかって感じですが、LEDを付け忘れていたのと、そのままブレッドボードに差せるようにしました。アナログ、デジタルで違うブレッドボードを接続して使うイメージ。結構、思いついたときにマルチの電源があると便利なんですよ。ブレッドボードでさくっと組めます。
今回Logoもいれて3D化してみましたが、うまく表示されているようです。




[PR]
by toucyy | 2013-11-30 16:55 | sketchup (eagleup)
3D Midiv と 電源ユニット 1
f0097833_1901511.jpg

Midiv基板(青色)と電源ユニット(赤基板)を接続してみた。

横からみると以下な感じ。
f0097833_1901968.jpg


正面からみると以下な感じ
f0097833_1902122.jpg


基板同士の固定にピンヘッダーのみだと安定性にかけるため、両方の基板に3mmの穴をあけ、ネジとナットで固定できるようにした。
最後の写真から穴の位置は問題なさそう。
ただ、ちょっと赤基板がはみでているけど。。用検討かな。

こうやって色々試すことで基板を発注してから失敗に気づくことはだいぶ軽減できそうな感じ。

midiv基板は以前からだいぶ部品の位置を変更してます。。。
[PR]
by toucyy | 2013-10-14 19:05 | sketchup (eagleup)
3D電源ユニット3
f0097833_2333539.jpg

形にはなりましたので、こちらからダウンロードできるようにしました。
http://www.analogfeeder.com/?p=783

ただ、まだ変更する可能性が多いにあります。。。理由は、、、midiv基板と接続して使用することを想定しているのですが、実際に接続した感じにすると以下のようになり、電源基板(赤基板)がはみでてしまい、これだと電源基板上のDCジャックとmidiv基板上のMIDIジャックが同じ面にいないので、ケースにいれても微妙だからです。
f0097833_23134641.jpg

f0097833_23134460.jpg

f0097833_23134121.jpg


まだ他にも懸念点があります。2x5のピンヘッダのみで二つの基板を接続してますが、多分安定性が悪いと思われます(ぐらぐらしそう)。 そのためもう一個2x5のピンヘッダを付ける、もしくはネジ穴をうまく利用するかして、安定化をはかる必要がありそうです。

となるとmidiv基板側も変更になりますね。。
[PR]
by toucyy | 2013-10-13 23:14 | sketchup (eagleup)
3D電源ユニット2
f0097833_23381574.jpg

一応、アップデート版。
DC-DCコンバータとピンソケット追加しましたが、なんか納得いかないので、再調整したい。。
ので、もう少し完成版はお待ちください。
[PR]
by toucyy | 2013-10-12 23:40 | sketchup (eagleup)
3D ピンソケット
f0097833_2252459.jpg

3Dのピンソケット作りました。
ピンソケットとピンヘッダーなどは、決めうちで使う場合よりも、どれくらいのパラメータを外に出すかで変わってくる場合が多いので、1x1のピンソケットを作りました。これをコピーペーストしていけば、1x5や2x5など必要に応じてピンソケットを作ることができます。その方法をsketchupを使用してやってみます。

まずは、こちらのsketchupのモデルをダウンロードしてください。
pin-socket-1x1.skp
ダウンロードして、sketchupで開きます。
カメラ>標準ビュー>正面を選択し、カメラアングルを変更します。
f0097833_2252860.jpg


まず、オブジェクトを選択し、移動ツールを選択します。
option キーを押しながら、移動させます。optionキーを押しながら移動はコピーになります。
ここでは、赤軸に沿って平行移動させます。軸に吸い付くので特に難しくはありません。移動距離ですが、この段階では、後で数値を入力して変更できるので、適当でもかまいません。
f0097833_22521169.jpg


オブジェクトを配置したら、画面右下の空欄に2.54mと入力します、すると2.54mの距離で配置されます。
f0097833_22521389.jpg


同じ要領をお好みにあわせて繰り返します。ここでは5ピンにします。
f0097833_22521577.jpg


こんな感じで完成です。
f0097833_22521771.jpg


二列にしたくなってきました。
今度は、カメラのアングルを平面(上から)にします。カメラ>標準ビュー>平面を選択します。
そして先ほどの5ピンを選択し、今度は上側(緑軸)に移動コピーします。
f0097833_2252205.jpg


完成です。
f0097833_22522172.jpg

これも以下に置いておきます。
pin-socket-2x5.skp

これで必要に応じてお好みのピンソケットが作れます。
[PR]
by toucyy | 2013-10-12 23:05 | sketchup (eagleup)
3D電源ユニット1
f0097833_22514434.jpg

まだ実装できてない部品がありますが、今日はここまで。
電源ユニット 9V入力で5Vと+/-12Vを作れるので、アナログ系とデジタル系両方の電源を供給できる。3Dデータは完成したら公開します。
[PR]
by toucyy | 2013-10-08 22:53 | sketchup (eagleup)
新しいmidivの3Dモデル化2
f0097833_0205548.jpg
修正前
f0097833_021433.jpg
修正後

ピンの幅があっていませんでしたので、修正しました。

ダウンロードは以下から可能です。(古いファイルを置き換えました)
http://www.analogfeeder.com/?p=753
[PR]
by toucyy | 2013-10-06 00:23 | sketchup (eagleup)
新しいmidivの3Dモデル化
3Dの勉強のため、midivの3D化を行いました。

f0097833_15145945.jpg

f0097833_1515050.jpg

f0097833_1515260.jpg

f0097833_1515490.jpg


今回のmidivは、"midi信号を分配する機能"と"オーディオ信号をミックスする機能"を持たせました。
midi信号を分配して個々の電子楽器に接続したら、結局その後に楽器の音をミックスするという作業が発生します。それをこれ一個でまかないます。

上記の3Dは以下を使用して製作しました。

google sketchup 8
eagle
eagleup

今回、自分の開発環境を大きく変更しました。
今まで、ソフトウェアは水魚堂さんのmbe(minimum board editor)を使用しておりましたが、今回からeagleに変更しました。今さら感はありますが、一度使い込んだソフトウェアは、効率を考えると代え難いというので躊躇していたのですが、回路図と基板図と部品表がすべて別々にやっていたので、これはさすがに効率はよくないだろうということで(結構当たり前...)、それぞれがひもづいているeagleに変更しました。
また、上記のようにeagleはeagleupを使用して、sketchupとの連携ができるということが特に魅力的でした。3D化をすることによってケースを作るときに外形を製作しやすくなります。

なんとかeagleの自分のライブラリーや部品登録を終えたので、やっと色々設計できるという段階にきましたので、いろいろアップしていこうと思います。

[追記]モデルは以下からダウンロード可能です。
http://www.analogfeeder.com/?p=753
[PR]
by toucyy | 2013-09-28 15:19 | sketchup (eagleup)


PRODUCTS


レコードでの演奏(シンセサイザー)を可能にする
"Anvs"(アンブス) - Analog Vinyl Synthesizer -

Midi信号を他出力する
"Midiv" -Midi Distributor Divider-

ターンテーブルアニメーションを可能にする
"Taf1" -Turntable Animation Flasher-

LEDを使用したトリッキーな映像制作装置
(Taf1の機能拡張版)
"Taf2" -Turntable Animation Flasher 2-



PROFILE




Toucyy

某外資系半導体メーカー勤務、その傍らDJの経験とハードウェア、ソフトウェアエンジニアリングのバックグランドを生かし活動中。自作電子楽器でLive & DJ

patlo (yamamo2 + toucyy)
picnome、picratchbox開発者yamamo2さんとユニット組み、本格的に自作電子楽器でLiveやってます。

電子楽器と音楽と人とのつながりをいろいろ考えるのが最近のはまり。

------CONTACT------
"toucyyアットgmail.com"
(メールを送信する際はアットを@に変えてください。スパム対策用です)



イベント&ライブ等


2010年5月22~23日 MTM05 出展とプレゼンテーション "anvs"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/05/
2010年11月20~21日 MTM06 出展 "anvs modular"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/06/
2010年11月21日 Analog Synthesizer Builders' Summit 出展 "anvs modular"
http://analog-synth.jp/summit10/e_index.html
2011年12月3~4日 MTM07  出展 "Taf"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/07/

2012年1月14日 TMUG20 (Tokyo Max Users Group) プレゼンテーションとライブデモ
http://tokyomax.jp/?p=1670
2010年7月10日 TMUG16 (Tokyo Max Users Group)  ライブ
http://tokyomax.jp/?p=696
http://toucylab.exblog.jp/14084312/




紹介記事



もうライブで使えるレベル――DIY楽器がますます進化



10th Analog Synthesizer Builders' Summit Party



Engadget Japan



ASCII.jp 「理屈にあわない楽しさを求めて 電子楽器をつくる人の哲学」



Sampling Loveのblog



VESTAX JAPAN



メディア&SNS



twitter

YouTube

DJイベント
"Elements"

茨城を拠点にさまざまな"要素"にこだわり行っているイベント

"Ruckus
[toucylab custom ver 1.2]"



PSP用のDJソフトウェアです。 Captain Dan氏のRuckusをベースにコントロールの微調整を行いました。
Download here !
-------------------------
カテゴリ
このブログは?
日々思ったこと&できごとなど
Anvs(アンブス)
Anvs製作日記
写真
自作ミキサー&アンプ
自作midiデバイス
Ableton Live tips
Dj&Live&Events
midi_crossfader
crossfader メンテナンス
mixer カスタマイズ
MPC2000 カスタマイズ
lighting(電飾プロジェクト)
kp2モバイル化
max/msp
自作サンプラー&エフェクター案
PSP関係
picマイコン
Blackfin
ケース加工&シルク印刷
Favorite URL(要Login)
books
Apple
Taf
midiv
Oto Devices
sketchup (eagleup)
eagle
mbed
その他のジャンル
ブログジャンル