since 2006 ~ 2013
自作電子楽器ノブログ
ブログ更新は以下に移行中です。
->Analogfeeder.com
カテゴリ:Anvs製作日記( 20 )
Anvs電源単一化
f0097833_2253570.jpg

今までは、アナログ電源+/-9V、デジタル電源5Vをそれぞれ違うAC電源から作っていたので、電源ケーブルが二つ要りましたが、9Vから+/-12Vと5Vを作れるようにしました。
アナログとデジタルを混在させることによってデジタルGNDからノイズが回り込むのをなるべく避けるためにやっていたつもりですが、単電源化をしてもアナログ・グラウンドとデジタル・グラウンドをシステム内のどこか1箇所で結線すれば全然問題にならないんですね。
この辺は「アナログ電源デジタル電源の分離」で検索すると沢山情報がでてきますが、人によって書いていることが違います。。結局は自分で回路を設計してみて確かめるのが一番いい方法だということが分かりました。
オーディオにとって電源は非常に重要なものになりますので、音質を良くしたいのであれば、電源周りをいじってみるが一番効果的かと思います。
[PR]
by toucyy | 2012-02-18 02:41 | Anvs製作日記
基板届く2
f0097833_20251478.jpg

基板が無事届いた。
特に問題ないよう。
[PR]
by toucyy | 2011-03-03 20:25 | Anvs製作日記
New Excon Test

f0097833_21102366.jpg
f0097833_21103947.jpg
f0097833_21105063.jpg

変更点
リボンコントローラの押さえている位置を表示
スイッチをLED内蔵(青色)のものに変更
Softpotの感度の調整
[PR]
by toucyy | 2011-02-05 21:19 | Anvs製作日記
基板届く
f0097833_21221575.jpg

f0097833_21222817.jpg

基板がPCBCARTから届きました。
最近のPCBCARTは評判があまり良くないというのを聞いていたので、少し心配でしたが、これは問題なさそうです。
よくよく見ると、細かい削りカスみたいなものが入っちゃってますが、配線の領域には影響してなさそうなので、大丈夫かと思います。

面付けでVカットルータでカットしてもらったら、こんな感じでできてくるんですね。
早速次のやつもオーダーする予定です。

色は黄色。ですが、若干黄緑になっているのが、気に入っているところでもあったり、なかったり。
[PR]
by toucyy | 2011-01-25 21:29 | Anvs製作日記
フィルター (VCF) LP, BP, HP
f0097833_14514177.jpg

今更ながら、VCFにローパス(LP)、ハイパス(HP)、バンドパス(BP)を切り替えれるようにしました。

Anvsで使っているフィルタはSteinerのタイプを使用しています。
このフィルターは回路も比較的簡単な上、なんと入力部を切り替えれば、ローパス(LP)、ハイパス(HP)、バンドパス(BP)、オールパス(AP)の4つの機能が使えます。
しかも、音も自分好みで、音が太いし、発振も過激なタイプ。

詳細はTakedaさんやRJBさんのページにより詳細がのっています。
http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/steinerVcf.html

http://homepage2.nifty.com/rjb/diy_synthe11.htm

レコードをこのフィルターに通すだけで、かなり面白い音作りができます。

LPは特に持続音のレコードで演奏するときに使っていますが、HPはDJ的に使えて、4つ打ち系でよく使われるテクニックのEQでLowを切って、その後にドンってやりたいときに使えます。EQのLowを切るのと、HPのCutoffを上げるのは低い周波数を切るという意味では一緒ですが、変わり方が違います。

EQのLowはある特定の低い周波数の音がその範囲内で均等に減衰していくものですが、HPは低い周波数から順に音が減衰していきます。

個人的には、HPでLowを切る方が高揚感が全然違います。

Allen & HeathのXone 62はフィルタがついていて、HPはよく使っています。

でも、あまりこのやり方でやっているDJはあまり見たことないかも。
[PR]
by toucyy | 2010-12-05 15:10 | Anvs製作日記
回路図とパーツとインターフェース
f0097833_21491241.jpg
f0097833_2149110.jpg

PC上で見ていたのとは違い、回路図は紙面に印刷して広げてみるといろいろな部分が見えてくる。
間隔が狭かったり、配置が微妙だったり。

また、電子パーツも実際に載せてみて考えてみる。
ツマミの配置とか機能性って考えれば考えるほど、奥が深く、なかなか満足が得られない。
こういう電子楽器のインターフェースってどこまで考えればいいのって、答えがネットにのっている訳でもなく、実際に作って、使って、直す、の繰り返ししか今のところ方法は見つからない。

つまみ一つでいろいろな選択肢があるし。

カーブ
重み
ツマミの大きさなどなど。

機能は単純に増やせばいいわけではなく、最小限で必要なもののみで構成し、後は使う側が没頭するようなインターフェースにしたい。




うん、でもそれってどんなの?

思考無限ループに突入中。
[PR]
by toucyy | 2010-11-30 22:04 | Anvs製作日記
Anvs modular
f0097833_2249023.jpg

f0097833_22491177.jpg


Anvsのモジュラータイプ(プロトタイプ)

ver2からの変更点は、

VCFとVCAの直列化(シンセじゃ当たり前ですが、Anvsは並列の方が使い勝手が良かった点もあったので。でも要望が多かったので変更しました。正直こっちのほうがいいですw)
VCAのゲイン
Phono / LIne inの切り替え
EGを二つ
Mixerのモニタリング
VCF 定数の見直し

以下のイベントに出演予定です。

f0097833_22401029.jpg

第10回アナログシンセ・ビルダーズ・サミット(2010/11/20)
http://analog-synth.jp/j_index.html

f0097833_22414565.jpg

MTM06-Make Tokyo Meeting 06(2010/11/21)
http://jp.makezine.com/blog/2010/11/mtm06_announce.html

Anvs modularを持って参戦しますので、ぜひ、冷やかしにでも来てください!
[PR]
by toucyy | 2010-11-08 22:46 | Anvs製作日記
Anvs Logos
f0097833_18525525.jpg

ロゴ。
JPGだと細かいところが汚い。PNGに対応してくれないかな。
[PR]
by toucyy | 2010-10-23 18:53 | Anvs製作日記
Anvsの電子ジャングル
f0097833_112171.jpg

電子ジャングル。
またしても、いろいろ細かい調整をしたくなり、ばらしてしまいました。。。
次のイベントに向けてやることがいっぱいです。
とりあえず一つ一つやっていきたいと思います。

イベントは再度告知します。
[PR]
by toucyy | 2010-10-11 10:58 | Anvs製作日記
Anvs(Excon) meets the MIDI-Sync

外部のMIDI-Syncに対応しました。
TLP552のフォトカプラを使用してます。
このフォトカプラは結構、自作でMIDI INをするときによく使われているようで、動作が安定してます。
マイコンでは、PIC16F877Aを使用し、UART割り込みでF8の信号(REAL TIME CLOCK)だけをモニターし、それをトリガーにMIDI出力しています。
音源はNative Instruments FM8
DAWはAbleton LIVE 8

即興で、やったので、音量とかばらばらですが。

ちょっと、自作は久しぶりで、だいぶなまってました。
たまには、やんないとだめだなあ。。
[PR]
by toucyy | 2010-08-15 21:59 | Anvs製作日記


PRODUCTS


レコードでの演奏(シンセサイザー)を可能にする
"Anvs"(アンブス) - Analog Vinyl Synthesizer -

Midi信号を他出力する
"Midiv" -Midi Distributor Divider-

ターンテーブルアニメーションを可能にする
"Taf1" -Turntable Animation Flasher-

LEDを使用したトリッキーな映像制作装置
(Taf1の機能拡張版)
"Taf2" -Turntable Animation Flasher 2-



PROFILE




Toucyy

某外資系半導体メーカー勤務、その傍らDJの経験とハードウェア、ソフトウェアエンジニアリングのバックグランドを生かし活動中。自作電子楽器でLive & DJ

patlo (yamamo2 + toucyy)
picnome、picratchbox開発者yamamo2さんとユニット組み、本格的に自作電子楽器でLiveやってます。

電子楽器と音楽と人とのつながりをいろいろ考えるのが最近のはまり。

------CONTACT------
"toucyyアットgmail.com"
(メールを送信する際はアットを@に変えてください。スパム対策用です)



イベント&ライブ等


2010年5月22~23日 MTM05 出展とプレゼンテーション "anvs"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/05/
2010年11月20~21日 MTM06 出展 "anvs modular"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/06/
2010年11月21日 Analog Synthesizer Builders' Summit 出展 "anvs modular"
http://analog-synth.jp/summit10/e_index.html
2011年12月3~4日 MTM07  出展 "Taf"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/07/

2012年1月14日 TMUG20 (Tokyo Max Users Group) プレゼンテーションとライブデモ
http://tokyomax.jp/?p=1670
2010年7月10日 TMUG16 (Tokyo Max Users Group)  ライブ
http://tokyomax.jp/?p=696
http://toucylab.exblog.jp/14084312/




紹介記事



もうライブで使えるレベル――DIY楽器がますます進化



10th Analog Synthesizer Builders' Summit Party



Engadget Japan



ASCII.jp 「理屈にあわない楽しさを求めて 電子楽器をつくる人の哲学」



Sampling Loveのblog



VESTAX JAPAN



メディア&SNS



twitter

YouTube

DJイベント
"Elements"

茨城を拠点にさまざまな"要素"にこだわり行っているイベント

"Ruckus
[toucylab custom ver 1.2]"



PSP用のDJソフトウェアです。 Captain Dan氏のRuckusをベースにコントロールの微調整を行いました。
Download here !
-------------------------
カテゴリ
このブログは?
日々思ったこと&できごとなど
Anvs(アンブス)
Anvs製作日記
写真
自作ミキサー&アンプ
自作midiデバイス
Ableton Live tips
Dj&Live&Events
midi_crossfader
crossfader メンテナンス
mixer カスタマイズ
MPC2000 カスタマイズ
lighting(電飾プロジェクト)
kp2モバイル化
max/msp
自作サンプラー&エフェクター案
PSP関係
picマイコン
Blackfin
ケース加工&シルク印刷
Favorite URL(要Login)
books
Apple
Taf
midiv
Oto Devices
sketchup (eagleup)
eagle
mbed
その他のジャンル
ブログジャンル