since 2006 ~ 2013
自作電子楽器ノブログ
ブログ更新は以下に移行中です。
->Analogfeeder.com
カテゴリ:crossfader メンテナンス( 5 )
Innofader installed on Anvs.
f0097833_2395865.jpg
InnofaderをAnvsにつけてみました。

Innofaderはデジタル処理だったはずで、それでノイズが増えたのか。
フェーダの感触はPro X Fadeより好きですが、残念です。
ノイズ対策が今後の課題になりそうです。
[PR]
by toucyy | 2010-05-12 23:14 | crossfader メンテナンス
Innofader vs. Pro X Fade
f0097833_2237285.jpg

Innofaderが届きました。

まず、印象としては、部品が多いです。
f0097833_22394948.jpg

その理由としては、多くのミキサーに対応させているからだと思います。
そのおかげで、普通はスクラッチ用のミキサーではないものでも、スクラッチャーが使える可能性が増えました。
さすがに今の時代、スクラッチなどの技術だけしかやっていないDJでは、さすがに面白くないと思いますので、ミックスもできるクラブDJでもあり、技術もあるバトルDJでもあるという形がこれを機に増えていってほしいと勝手に思っています。

さて、これで、今現在、
Pro X Fade
Innofader
がそろいましたので、Anvsで使用しながら、簡単に比較してみたいと思います。


f0097833_224688.jpg


[大きさ]
Innofaderの方が、Pro X Fadeよりも大きいというか、縦長です。
おそらく、両者の大きな違いである"接触""非接触"というところからだと考えられます。

接触と言っているのは、クロスフェーダーというのは抵抗値を変えることによって、音のボリュームをコントロールしているのですが、その抵抗値を変える部分に値を読み取る部分が接触しているものを"接触"、
触れていないものを"非接触"と読んでいます。
(若干、おおざっぱに言っているので、深く知りたい方はググってください)

非接触である利点としては、やはり消耗しずらい、手入れがいらないというところでしょうか。
スクラッチャーは特にクロスフェーダを駆使するので、接触タイプでは、消耗が激しくなります。

非接触にはセンサー素子を使用し(おそらく磁気センサー)フェーダの位置を読み取り、出力していると思われます。

レスポンスは特にかわらないので、非接触が今後主流になっていると思われます。

[フェーダーノブ、ツマミ]
f0097833_2311541.jpg

これは、同じ会社が作ったのでないかと思うほど、一緒です。
ためしに逆に取り付けてもつけることができました。

ここでは、取り上げていませんが、この二社よりもVestax社製のほうが、フェーダノブの傾きが急でスクラッチしやすいという意見もあります。

どちらがいいとは言えませんが、慣れでカバーできる範囲だと思います。

[配線]
これは、地味なところなのですが、Pro X Fadeは、基板から足(端子)がでている状態でそれに、配線がハンダづけされています。
実は、Anvs用にいろいろ取り付けたり、外したりすることで、よくこの部分が切れることがしばしばありました。
家に半田ごてがあれば、修理はすぐ可能のレベルですが、ない場合は修理にだすのでしょうか?
どちらにしろ使えなくなるので、注意が必要です。

その点、Innofaderは、この部分はコネクターになっており、取り外しが可能になっている、また頑丈です。

ここは、自分にとっては一番関心しました。

[アジャストメント]
遊びや重さは両者とも調整できますが、Innofaderはなんと"Fader Curve"も調整ができてしまいます。
フェーダの下のほうに調整できる半固定抵抗がついていて、それをまわすことによって、大きく分けて、5段階調節可能です。説明書には、

Top Cut
A type Curve
Linear B type Curve
C type Curve
Botom Cut

の五つ。

上から、順番にカーブがなだらかになっていくので、スクラッチャーは迷わず、Top Cutだと思います。
その下のA, B ,C カーブというのは、可変抵抗のカーブの仕方によって名前が付けられています。
f0097833_2313726.jpg

横軸が、回転軸となっていますが、これをフェーダの位置とすり替えてください。
位置によって、図のような変化の仕方になっています。

最後にBottom Cutというのは、なんでしょうか?
フェーダの真ん中で音が切り替わるように書いてますが、何のための機能かよくわかりませんでした。

[付属品]
両者ともにメンテナンス用の液体とねじ回しがつくのですが、ねじ回しの持つ部分が、Pro X fadeのほうはさびやすいです。。その点、Innofaderのほうは、さびにくいようです。

他には、Innofaderはさまざまなミキサーに対応しているせいか、冒頭でも書いたように部品が多いです。
一般にコネクターなどは、共通化されているわけではないので、専用の変換機を作ってそれに対応させています。
f0097833_2320244.jpg

必要に応じて、これを間に挟む必要が出てきます。
Anvsでは、これをかましています。

また、ミキサーとの相性を見るためのテスト基板まであります。
f0097833_23272296.jpg

これをミキサーの方のコネクタと接続し、ミキサーの電源をいれるとLEDが点灯します。
このとき、緑色のLEDが点灯すれば、そのまま変換機を取り付けなくて、ダイレクトにInnofaderを取り付けられますが、赤色のLEDが点灯した場合は、変換機をかまさないといけません。
その場合、写真にあるように変換機を使ってもう一度テスト基板を使ってLEDが緑色になるまでテストするというのを繰り返す作業が必要のようです。

正直、これは、難しいのでは??
付属にあった説明書もわかりずらいものでしたし。

基本的にミキサーの対応表を作っているぐらいなので、それごとに付け方、セッティング方法を細かく載せるべきだと思いました。

しかし、この部分は使っていく人が増えていけば、Web上に情報が増えていくと思っていますが。
(あまり期待できない??)


ということで、ざっと比較してみましたが、最初のセッティングめんどうかもしれないけど、長く使って行くなら、Innofaderの方が良さそうです。
Pro X fadeも悪くないですが、Innofaderがでて問題点が浮き彫りになってしまいました。
これを機にPro X fadeも新しいものを出してくること祈ります(ないと思いますが)
[PR]
by toucyy | 2010-05-09 23:35 | crossfader メンテナンス
Audio Innovate Innofader
f0097833_20392724.jpg
ついに日本に入荷したみたいです。

http://shop.plaza.rakuten.co.jp/dj/diary/detail/201005050000/

スクラッチャーにとっては、もっとも大事なパーツであるCROSSFADERですが、今まで、PRO X FADEというフェーダーしか日本に入っていませんでした。
しかも、今みるとどこも品切れのようですね。

AnvsもCROSSFADERをかなり駆使するので、このフェーダーを使うとどうなるのか気になるところです。


PRO X FADE
VESTAXの新クロスフェーダー
Innofader

Anvsで使用して、レポートしたく思います。

Innofaderさっそく買ってみよう。
[PR]
by toucyy | 2010-05-05 20:36 | crossfader メンテナンス
PMC-05Pro4:新フェーダーを解剖
http://www.djpaco.jp/?p=2469

新しいvestax非接触のクロスフェーダの分解

レスポンスはどうなるのかな?

もう少ししたら買おう。
[PR]
by toucyy | 2010-04-10 19:23 | crossfader メンテナンス
VestaxクロスフェーダーSFV-0□○シリーズの開け方
VestaxのクロスフェーダーSFV-0□○シリーズには1~3にはSとかNなどが入るのか?未確認)の開け方メモ

メンテするときのや改造(midi_crossfader)するときの参考になればと。

まず、クロスフェーダ上面のパネル(ミキサーに取り付ける部分)をはずしておく。
f0097833_950441.jpg

そしてこの横っちょのこの部分をはずすわけですが、PROXFADEと違って手だけでははずせないので、ペンチを使って、こんな風に下に引っ張るようにして、中央の出っ張りからはずす両側ともおこなう。
f0097833_9534056.jpg


開くとこんな感じ キタネ
f0097833_9542230.jpg

f0097833_9545133.jpg


パネルは、下の基板くっついているのに注意
f0097833_9553015.jpg


つぎからは、ペンチを使わなくてもいいように、パネルの両側の部分をはずしやすくするために少しだけ外側曲げておく
f0097833_956266.jpg


これで、何回メンテがしやすくなるはず。
[PR]
by toucyy | 2008-03-01 09:59 | crossfader メンテナンス


PRODUCTS


レコードでの演奏(シンセサイザー)を可能にする
"Anvs"(アンブス) - Analog Vinyl Synthesizer -

Midi信号を他出力する
"Midiv" -Midi Distributor Divider-

ターンテーブルアニメーションを可能にする
"Taf1" -Turntable Animation Flasher-

LEDを使用したトリッキーな映像制作装置
(Taf1の機能拡張版)
"Taf2" -Turntable Animation Flasher 2-



PROFILE




Toucyy

某外資系半導体メーカー勤務、その傍らDJの経験とハードウェア、ソフトウェアエンジニアリングのバックグランドを生かし活動中。自作電子楽器でLive & DJ

patlo (yamamo2 + toucyy)
picnome、picratchbox開発者yamamo2さんとユニット組み、本格的に自作電子楽器でLiveやってます。

電子楽器と音楽と人とのつながりをいろいろ考えるのが最近のはまり。

------CONTACT------
"toucyyアットgmail.com"
(メールを送信する際はアットを@に変えてください。スパム対策用です)



イベント&ライブ等


2010年5月22~23日 MTM05 出展とプレゼンテーション "anvs"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/05/
2010年11月20~21日 MTM06 出展 "anvs modular"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/06/
2010年11月21日 Analog Synthesizer Builders' Summit 出展 "anvs modular"
http://analog-synth.jp/summit10/e_index.html
2011年12月3~4日 MTM07  出展 "Taf"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/07/

2012年1月14日 TMUG20 (Tokyo Max Users Group) プレゼンテーションとライブデモ
http://tokyomax.jp/?p=1670
2010年7月10日 TMUG16 (Tokyo Max Users Group)  ライブ
http://tokyomax.jp/?p=696
http://toucylab.exblog.jp/14084312/




紹介記事



もうライブで使えるレベル――DIY楽器がますます進化



10th Analog Synthesizer Builders' Summit Party



Engadget Japan



ASCII.jp 「理屈にあわない楽しさを求めて 電子楽器をつくる人の哲学」



Sampling Loveのblog



VESTAX JAPAN



メディア&SNS



twitter

YouTube

DJイベント
"Elements"

茨城を拠点にさまざまな"要素"にこだわり行っているイベント

"Ruckus
[toucylab custom ver 1.2]"



PSP用のDJソフトウェアです。 Captain Dan氏のRuckusをベースにコントロールの微調整を行いました。
Download here !
-------------------------
カテゴリ
このブログは?
日々思ったこと&できごとなど
Anvs(アンブス)
Anvs製作日記
写真
自作ミキサー&アンプ
自作midiデバイス
Ableton Live tips
Dj&Live&Events
midi_crossfader
crossfader メンテナンス
mixer カスタマイズ
MPC2000 カスタマイズ
lighting(電飾プロジェクト)
kp2モバイル化
max/msp
自作サンプラー&エフェクター案
PSP関係
picマイコン
Blackfin
ケース加工&シルク印刷
Favorite URL(要Login)
books
Apple
Taf
midiv
Oto Devices
sketchup (eagleup)
eagle
mbed
その他のジャンル
ブログジャンル