since 2006 ~ 2013
自作電子楽器ノブログ
ブログ更新は以下に移行中です。
->Analogfeeder.com
カテゴリ:自作サンプラー&エフェクター案( 2 )
c-loops (sound bite) 修理
c-loopsは、red soundという(今は実質活動してない??)メーカー製のリアルタイムサンプラーです。

http://www.redsound.com/

バージョンもいくつかあって、このシリーズの最新の製品は、sound bite proという名前になってます。(最新と言っても2007年製です)
機能としてはシンプルで、オーディオを入力すると自動でBPMを検知して、ボタンに記載されている長さのサンプルを自動でループしてくれます。
これが発売された当時では、リアルタイムのループサンプラはBossのLoop Stationの初期のものだけでした。しかし、そのloop Stationはオーバーダビングという方法で録音するもので、重ね撮りしたサンプルは後から抜き差しできませんでした。その点このc-loopsは後から抜き差しできるという点で録音した後もいろいろ展開を付けたりすることが可能でした。
また、今でもすごいと思うのは、BPMの検知機能です。V3というBPMエンジンを積んでいるみたいですが、かなりの精度でBPMが合います。生音のようなBPMが揺らぐものもある程度追従していきます。DTMの音源であれば、ほぼ外れません。

こういった点もふまえて、未だ愛用しているのがいる方が多いのが事実です。

とある方から修理できるところがないため修理してくださいと依頼を受けましたので、修理しました。
修理内容は伏せますが、分解した写真をシェアするためにここに写真を載せます。

下の写真の左がsound bite、右がc-loopsで、微妙にデザインも機能も変更されています。
f0097833_1585635.jpg

f0097833_159493.jpg

f0097833_159762.jpg

f0097833_1591143.jpg

f0097833_1591623.jpg

f0097833_1592145.jpg

f0097833_1592578.jpg

f0097833_1592878.jpg

f0097833_1593349.jpg

f0097833_1593661.jpg

f0097833_1594187.jpg

f0097833_1594577.jpg

f0097833_159489.jpg

[PR]
by toucyy | 2013-11-10 02:00 | 自作サンプラー&エフェクター案
自作サンプラー1 ペンディング中
-------市場のサンプラーと自作する動機-------
リアルタイムでサンプリングできるサンプラーがほしい。
これが最初のきっかけです。
f0097833_15571310.jpg

サンプリングをするといったら、AKAI MPCがもうなんといっても有名です。
しかし、僕はサンプリングにリアルタイム性を追求したいと思っていて、mpcはそのリアルタイム性にかけます。
今市場でこれが満たされているハードといったら、redsoundというアングラメーカーのcycloopsというやつか、bossのloopstationぐらいしかありません。
前者は、非常によくできていてテクノ界の重鎮であるリッチーホウティンが愛用しているくらいです。
しかし、そんな名機にも難点があります。
それは自動に音量を調節する機能です。
これが精度がよければ文句はありません。
しかし、クラブで使うには致命傷なくらいしょぼい。
急に音がでかくなったりするんですよ。
これじゃあいくつスピーカがあってもたりない。
さらに日本での取り扱い会社がvestaxだったが売れなかったせいか、取り扱いをやめてしまって日本ではもう手に入らなくなってしまいました
サウンドハウスとかでまた取り扱いを始めたみたいです。

後者は、hiphopのdjに愛用している人が多いようです。
しかしなんといっても、足でコントロールするのは難しすぎます。
両手でなにかしながら片足でペダルを踏むわけですがが、このとき片足だけで立っている状態になり、これはなにより苦痛でしかたありません。
さらに音を足していくことは可能ですが後からある音だけを抜いたり、戻したりする機能がないため、これも却下されました。

という理由から、市場に出ているデバイスでは満足できないので、どうにもこうにも自分で作るしかないという考えに至ったわけであります。
しかしweb上にハードの面でのサンプリングのことが書いてあるサイトは皆無です。
本屋にもありません。しかし原理的には今の技術ならアマチュアでもサンプラーを作ることが可能であると思ったので、作っていくことにしました!

-------サンプリングの原理-------
ここでサンプリングの原理を簡単に表して考えてみます。
音は空気の振動であらわされます。
それの変化は、専用の「センサ」(この場合音を扱うのでマイクに相当する)を使用することで、電圧の変化としてとらえることができます。
この電圧はアナログ信号となり、A/Dコンバータと呼ばれる変換機によってデジタル信号に変換され、メモリに記録することができます。
そしてこのデータをまったく逆の手順(D/A変換)を行うことによって音として外に出すことができます(今度はスピーカーやヘッドフォンなど)。
これが単純なサンプラーの原理です。
流れとしては、音を電圧に変換してそれを保存し、そしてそれをまた読み出すといった具合です。これさえできれば簡単にサンプラーを構築することが可能です。
そしてこれを可能にし、アマチュアでも手に入れることができるデバイスにマイコンというものがあります。
このマイコンは実はものすごく便利で、マイコンについての説明は後に詳しく説明しますが、実はシンセやmidiデバイスに使っている先駆者はけっこういるんです(すばらしい!検索してみて!!)サンプラーができたらこれらもやっていきたいと思っています。

-------実現するにはやはりマイコン-------
音を1,0の信号に変換して、メモリーに保存すればよいので、やはりマイコンの出番です。
サンプリングにはAD変換というその名のとおり、アナログからデジタルに変換する機能を使います。
マイコンはそのAD変換ができるものがあります。

DSPやFPGA/CPLDなどに変更します。
まだやりきれてませんが泣
[PR]
by toucyy | 2006-06-29 14:46 | 自作サンプラー&エフェクター案


PRODUCTS


レコードでの演奏(シンセサイザー)を可能にする
"Anvs"(アンブス) - Analog Vinyl Synthesizer -

Midi信号を他出力する
"Midiv" -Midi Distributor Divider-

ターンテーブルアニメーションを可能にする
"Taf1" -Turntable Animation Flasher-

LEDを使用したトリッキーな映像制作装置
(Taf1の機能拡張版)
"Taf2" -Turntable Animation Flasher 2-



PROFILE




Toucyy

某外資系半導体メーカー勤務、その傍らDJの経験とハードウェア、ソフトウェアエンジニアリングのバックグランドを生かし活動中。自作電子楽器でLive & DJ

patlo (yamamo2 + toucyy)
picnome、picratchbox開発者yamamo2さんとユニット組み、本格的に自作電子楽器でLiveやってます。

電子楽器と音楽と人とのつながりをいろいろ考えるのが最近のはまり。

------CONTACT------
"toucyyアットgmail.com"
(メールを送信する際はアットを@に変えてください。スパム対策用です)



イベント&ライブ等


2010年5月22~23日 MTM05 出展とプレゼンテーション "anvs"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/05/
2010年11月20~21日 MTM06 出展 "anvs modular"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/06/
2010年11月21日 Analog Synthesizer Builders' Summit 出展 "anvs modular"
http://analog-synth.jp/summit10/e_index.html
2011年12月3~4日 MTM07  出展 "Taf"
http://www.oreilly.co.jp/mtm/07/

2012年1月14日 TMUG20 (Tokyo Max Users Group) プレゼンテーションとライブデモ
http://tokyomax.jp/?p=1670
2010年7月10日 TMUG16 (Tokyo Max Users Group)  ライブ
http://tokyomax.jp/?p=696
http://toucylab.exblog.jp/14084312/




紹介記事



もうライブで使えるレベル――DIY楽器がますます進化



10th Analog Synthesizer Builders' Summit Party



Engadget Japan



ASCII.jp 「理屈にあわない楽しさを求めて 電子楽器をつくる人の哲学」



Sampling Loveのblog



VESTAX JAPAN



メディア&SNS



twitter

YouTube

DJイベント
"Elements"

茨城を拠点にさまざまな"要素"にこだわり行っているイベント

"Ruckus
[toucylab custom ver 1.2]"



PSP用のDJソフトウェアです。 Captain Dan氏のRuckusをベースにコントロールの微調整を行いました。
Download here !
-------------------------
カテゴリ
このブログは?
日々思ったこと&できごとなど
Anvs(アンブス)
Anvs製作日記
写真
自作ミキサー&アンプ
自作midiデバイス
Ableton Live tips
Dj&Live&Events
midi_crossfader
crossfader メンテナンス
mixer カスタマイズ
MPC2000 カスタマイズ
lighting(電飾プロジェクト)
kp2モバイル化
max/msp
自作サンプラー&エフェクター案
PSP関係
picマイコン
Blackfin
ケース加工&シルク印刷
Favorite URL(要Login)
books
Apple
Taf
midiv
Oto Devices
sketchup (eagleup)
eagle
mbed
その他のジャンル
ブログジャンル